Front Page Slideshow.

Sq4u.jp - 利用規約

~ はじめに ~
 このサービス提存続供規約はsq4u.jpを利用するにあたり、みなさんに必ず守っていただく事項になります。
 安定したサービスを行っていくためにこの利用規約を守っていただかないと皆さん自身がサービスを受けることができないほか、このサイト自身も継続することができなくなりますので、必ず申し込み前に熟読いただき、納得してから申し込みをしてください。
 尚、sq4u.jpの利用を開始した時点で、利用者はこのサービス提供規約に承諾いただいたものといたします。

Internet Service sq4u.jp(以後sq4u.jp)は代表管理者 廣瀬 聡(以下代表管理者という)が中心となり、sq4u.jpのサービスを利用する者、もしくは団体(以後利用者という)の「自分が協力できること」を持ち寄り、さらにsq4u.jpを発展させる、コミュニティ発展型のサービスです。
各利用者は利用申し込み時に「自分ができること」を宣言してください。
その「協力できること」がsq4u.jpやインターネット技術、社会に貢献できると判断した場合にその対価として代表管理者は利用者へサーバリソースを払い出します。
「協力できること」は何でもかまいません。たとえば、「sq4u.jpのページデザインを作成します」や「ロゴを作ります」のほか、「管理プログラムを提供します」や「運営費の支援をします」など、何でもかまいませんので、申し込み時に宣言してください。
その結果、代表管理者と代表管理者が指名する管理者(以後sq4u.jp管理チームという)が貢献していると判断した場合に、申し込みを受理いたします。

申し込みを行う際にsq4u.jpを利用する利用者には本規約を守っていただきますので、熟読いただき、申し込みを行ってください。

第1条 本規約の範囲および変更

  1. 本規約はsq4u.jpにて提供可能なサービス(以下 本サービスという)の利用者に適用します。尚、利用者は本サービスを利用開始した時点で規約を遵守する義務を負うことになります。
  2. 本規約は利用者の事前の承諾を得ることなく改定することができることとします。改定した場合は、速やかに利用者へWebと登録されているメールアドレスへ通知し、通知した日を含む30日経過後も本サービスを継続して利用した場合、変更後の規約に同意したものとします。
  3. 本規約に対して異議がある場合は、規約改定通知後14日以内にメール・文書にて管理人に異議申し立てを行うこととします。尚、その異議申し立てにかかる一切の費用は利用者の負担といたします。

第2条 本サービスの範囲

  1. 本サービスはホームページ上にて「サービス案内・申込」に掲載されているサービスを提供します。
  2. 利用者は本サービスを利用するに当たり、申し込み時に「協力できること」を宣言していただきます。「協力できること」はたとえば以下のようなものになります。
    • sq4u.jpのWebデザインを作成します。
    • sq4u.jpの利用者のページを定期的に巡回して利用規約に反していないかをチェックします。
    • sq4u.jpの会員管理Webの構築のお手伝いをします。
    • sq4u.jpをつかって社会福祉に貢献します。
    • sq4u.jpを利用するにあたり、運営費用の一部の500円を寄付いたします。
       ※商用利用の場合は3,000円以上の寄付が妥当と判断しています。
    • sq4u.jpのWebコンテンツにsq4u.jpの管理するアフィリエイトプログラムを掲載します。

    上記の他に「協力できること」がsq4u.jpの発展につながる、インターネットの発展につながる、社会の発展に寄与する等の宣言が利用者からなされた場合は、その貢献度合いが見合う場合に申請を受理します。

  3. 本サービスを利用するにあたり、利用者が申し込み時に宣言した「協力できること」のほかにsq4u.jpから料金を請求することはありません。しかし、過度に代表管理者の負担がかかるサービスを開始する場合や、運転資金不足等により本サービス継続が困難となった場合は、一部もしくはサービスすべてを有料とする場合があります。その場合、無料サービスより有料サービスに変更となる旨を通知、利用者の承諾をメールにて得て有料化するものとします。尚、承諾を求めるメールを送信した日を含み、20日以上たっても承諾を得られない利用者については本サービスの提供を停止することができるものとします。
  4. 前項で有料となったサービスの規約は別途定めることとします。
  5. 本サービスは基本的に商用・非商用に問わず提供いたします。しかし、商用の場合は、「協力できること」の内容がそれ相応でないと判断した場合は申し込みを受理できません。
  6. 前項の商用・非商用の判断基準は次のとおりです。
     商用の判断基準:
      (1)本サービスの一部またはすべてにおいて、第三者と利用者の間で金銭の受け渡しが発生するもの。
      (2)営業上有利となるコンテンツ(商品紹介・企業へのリンクなど)
      (3)アフィリエイトプログラムのみのページ
      (4)過剰なWeb広告
      (5)特定の企業・店舗に対してメールフォーム・EC Cube等を企業・店舗運営の一環としての機能を提供し利用すること。この利用には「実験・検証」も含む。
      (6)販売・受託目的のWebデザインの事前検証・顧客への提案することを目的としたホームページを運営すること。
     非商用の判断基準:
      商用以外の利用方法をするもの。
    尚、この解釈にとらわれずsq4u.jp管理チームは商用・非商用の判断ができるものとします.
  7. 個人情報を取り扱うサイトはお断りいたします。また、本規約に従わず個人情報を取り扱い、情報漏洩等の事故が発生した場合もsq4u.jpは何の責任も負いません。
  8. 本サービスは日本国内に限定して提供するものといたします。しかし、申請者が日本人の場合は別途審査基準により利用を認める事があります。

第3条 本サービス提供品質の免責事項

  1. 本サービスは100%サービスの提供を継続する保障はないものとします。
  2. 本サービスが停止しても代表管理者またはsq4u.jp管理チームは、すぐに復旧させる責任はないものとします。
  3. 本サービスが停止したとしても利用者はその損害賠償等、一切の金銭・保障を代表管理者またはsq4u.jp管理チームへ請求しないものとします。
  4. 「協力できること」で利用者から代表管理者またはsq4u.jp管理チームへ「運営費用の一部」を支払った場合、利用者は本サービスが停止または終了したとしても「運営費用の一部」の返金を請求しないものとします。

第4条 代表管理者の権限

  1. 代表管理者は必要に応じて、代表管理者に代わり運営の全権限を持つもの(副管理者という)と、sq4u.jp管理チームを指名し、運営の一部を実施させることが出来るものとします。
  2. 代表管理者または副管理者は利用者の情報のうち、ID・パスワード・メールアドレスをサーバ上で管理または閲覧または処理をすることが出来るものとします。
  3. 代表管理者は利用者の情報のうち前項以外の情報については、代表管理者の個人PCで管理することとします。
  4. 代表管理者または副管理者またはsq4u.jp管理チームは必要に応じて、利用者のサイトの内容を監査することが出来るものとします。この場合、リンクが公開されていないものを含む、利用者がアップロードしたデータすべてが対象となります。
  5. 管理者および副管理者は必要に応じて当サイトのアクセスログの監査を行うことが出来るものとします。この場合代表管理者および副管理者は、アクセスログ中にある情報について、公的機関の要請を除きほかの第3者に開示することはありません。なお、公的機関への開示は、代表管理者の判断により開示の可否を決定するものとします。

第5条 本サービス利用権利の取得・利用停止

  1. 本サービスを利用する権利は所定の申し込みを行った後、代表管理者または副管理者またはsq4u.jp管理チームのメールもしくは電話、書面による申請受理連絡をもって、利用者にあたえられるものとします。
  2. 利用者は取得した権利を申請者以外の第三者に譲渡・貸し出しすることを禁止いたします。代理登録等も認めません。
  3. 前項の特例として、申請者が団体代表である場合、利用者の交代を認める場合があります。交代する場合は所定の方法により速やかに、代表管理者または副管理者またはsq4u.jp管理チームに通知するものといたします。
  4. 利用者は本サービスの利用停止をする場合、所定の利用停止申請によりその旨をsq4u.jpへ通知しなければなりません。また、利用者より利用停止受領メールを送信した後は、管理者は利用停止前のデータは一切提供できないものとします。

第6条 本サービス利用権利の剥奪

  1. 利用者は常識の範囲内での健全な情報公開・サービス利用を行うものといたします。
  2. 利用者が常識の範囲を逸脱し、本規約 第8条にある、禁止事項による行為を行った場合は警告メールを代表管理者または副管理者、sq4u.jp管理チームより送信し、送信日を含め14日以内に該当部分の修正を行わない場合は、本サービス利用権利を剥奪されるものとします。しかし、余りにも状況が悲惨な場合・深刻な場合はただちにサービスの提供を中止し、利用権利を剥奪できるものとします。
  3. 利用者は本サービス利用権利が与えられたのち、サービス開設通知メールを送信した日を含む30日を経過してもサービス利用を行わない場合は、本サービスを利用する権利は失われます。
  4. 利用者が管理人に対して虚偽の申請・登録を行った場合、本サービスを利用する権利を剥奪される場合があります。
  5. そのほか本規約に違反した場合や管理人の判断等により本サービスを利用する権利が剥奪される場合があります。

第7条 申請・登録内容の変更

  1. 利用者は当初の申請・登録内容に変更が生じた場合、電話・メール・書面・所定の方法のいづれかを利用し、速やかに管理者へ届け出ることします。
  2. 管理者からの受諾メールの送信を以って、登録変更が完了したものといたします。
  3. 利用者の申請内容に変更があっても管理人へ通知をしない場合、本サービスを利用する権利を剥奪する場合があります。

第8条 本サービス利用者の義務

  1. 本サービス利用者は次の義務を負うこととします。
    (a) 「協力できること」の実行
    (b) IDおよびパスワードの管理
    (c) 不正アクセスがあった場合の管理人への届出
    (d) サーバおよび本サービスの不具合を発見した場合の申告
    (e) そのほか本サービス運営・維持管理に関する協力
  2. 前項の義務のうち、(a)の「協力できること」の実行について、実行が認められないと代表管理者または副管理者またはsq4u.jp管理チームが判断した場合は、本サービスを利用する権利を剥奪する場合があります。

第9条 利用者情報の開示

  1. 代表管理者は本サービス利用者の個人情報、および本サービス関連情報は第三者へ該当利用者本人の承諾を得ずに開示しないものとします。
  2. 警察、および公共の調査機関より情報の開示を求められた場合、前項に該当する場合においても、代表管理者の判断により開示できるものとします。尚、この場合該当する利用者に事前に承諾を得なくても開示できるものとします。

第10条 禁止事項

  1. 以下の事項を行うことを禁止します。
    (a) 第三者またはsq4u.jpの誹謗・中傷する行為
    (b) 公的秩序に反する情報を第三者に提供した、またはしようとする行為
    (c) 第三者のプライバシーを侵害する恐れのある行為
    (d) 第三者に損害を与える行為
    (e) 商用として相当な「協力できること」を遂行せずに商用としてサービスを利用する行為
    (f) アダルトページやマルチ商法の勧誘および紹介をする行為
    (g) 本サービス内に限らず、ユーザIDおよびPasswordを不正に使用した行為
    (h) 不特定多数に大量のメールを送信(スパムメール等)する行為
    (i) 他サーバへのリンクのみを目的としたページを設置する行為
    (j) 日本国憲法、もしくは関連する法律を違反する行為
    (k) 本サービスを利用した犯罪行為
    (l) その他、管理者が不適切と判断する行為
    尚、禁止事項を行った場合、管理者は該当利用者に対して利用権利の剥奪・法的措置を行う場合があります。
  2. 前項に該当する行為により、代表管理者または副管理者またはsqu4.jp管理チームまたは第三者に損害が生じた場合、利用者がサービスを利用する権利を失った後であっても、利用者はすべての責任を負うものとし、代表管理者に迷惑をかけないこととします。

第11条 プログラム・データの権利

  1. 利用者は本サービスで送受信されるプログラム・データは所有権・著作権・肖像権等各種権利が存在することを十分に認識した上で、適切な方法により取り扱うものとします。
  2. 前項に違反し、紛争が生じた場合に利用者は自己の責任において当事者同士で紛争を解決し、いかなる場合においても利用者がその責任を負うものとします。

第12条 本サービスの中断・停止

  1. 本サービスはボランティアで提供されるものであり、データの保持・復元を含む、一切の保障はないものとします。
  2. 代表管理者または副管理者またはsqu4.jp管理チームは本サービスが中断・停止された場合、速やかに復旧を行います。しかし、必ずしも即時に復旧できる保障はないものとします。
  3. 代表管理者または副管理者またはsqu4.jp管理チームは本サービスを提供する上での各種保守・メンテナンスにより、本サービスを中断・停止することができるものとします。この場合、代表管理者または副管理者またはsqu4.jp管理チームは計画的な保守・メンテナンスが決定している場合は事前に利用者へ通達する義務を負ものとします。
  4. 前項において、緊急性が高いと判断されるメンテナンスについては事前に利用者への通達義務を免除されることとします。
  5. 利用者はいかなる理由があっても本サービスの中断により発生する費用・損害について代表管理者は責任を負わせることはできません。

第13条 免責事項

  1. 代表管理者または副管理者またはsqu4.jp管理チームは本サービスの内容及び利用者が本妻とを通じて知り得た情報についての完全性・正確性・確実性等の保障を行わないものとします。
  2. 利用者は本サービスを利用した結果について責任を負い、代表管理者または副管理者またはsqu4.jp管理チームには一切の責任を負わせないものとします。

第14条 管理者と利用者間の紛争解決

  1. 代表管理者または副管理者またはsqu4.jp管理チームと利用者間で紛争が起きた場合は、紛争解決のためお互いに誠意を持って協議をすることとします。
  2. 前項の協議に必要な経費は各々で負担するものといたします。
  3. 協議において紛争の解決ができない場合は東京地方・家庭裁判所もしくは東京簡易裁判所を管轄裁判所とします。

    附則 本規約は 2011年2月1日より実施するものとします。